朝洗顔の必要性について

朝起きたらまず顔を洗う。これは理由なく、誰しも行っていることではないでしょうか。子供の頃は「顔洗ったの?」と毎日言われていた私でさえ、大人になればボーっとしながらでもまず洗顔に向かいます。

ところで、みなさん朝の洗顔はどのように行っていますか?「水だけで洗い流す」という人、「しっかり洗顔フォームを泡立てて洗う」という人。「洗わないで拭き取る人」が中にはいるかもしれません。

今回、朝洗顔はどうするべきなのか、洗顔をしないことでの弊害は何なのかについて詳しく説明したいと思います。想像以上に朝洗顔は大切だったということがご理解いただければ幸いです。

朝の顔は汚い?!

夜クレンジングや洗顔をする時はメイク汚れや一日の汗、ほこりなどをきれいに落とすことが大切なのはよくわかります。しかし朝はメイク汚れもなければただ寝ただけ、いい具合に皮脂も分泌されしっとりしているからこのままメイク・・・なんて考える人もいるようです。

しかし、朝の顔というのは想像以上に汚れています。「乾燥するから」「ぬるま湯でほとんど落ちているから」と持論はあるかもしれませんが、朝の顔には昨夜使った化粧品のスキンケア、油分が残っており、それに加えて皮脂や汗が混じっており酸化した状態です。この酸化は刺激物質となりニキビやキメの乱れ、化粧のりの悪さ、毛穴の目立ちなどを誘発してしまいます。

敏感肌や超乾燥肌の方はお湯のみでも構わないかもしれませんが、それ以外の方は夜ほど念入りに洗顔する必要はありませんのでぜひ洗顔フォームの泡やジェルで洗い流してください。

朝洗顔で気をつけること

朝は時間もあまりなく、手早く身支度を済ませたいという人も多いはず。洗顔も余分な皮脂を取り除くくらいで念入りにする必要はありません。気をつけることは、泡で洗う、もしくは摩擦の少ないジェル状で洗うこと。ついスクラブ入りのものや脱脂力の強い洗顔で洗ってしまうと必要な皮脂を取り過ぎてしまうことも。朝と夜で洗顔を使い分けることも大切でしょう。

毎日酸化物質を洗い流さずその上からスキンケアをすることで、肌への浸透が悪いだけではなく化粧のりもよくないでしょうし、何より肌老化の引き金となってしまいます。一言で皮脂と言っても、朝の顔に残っている皮脂は「変性皮脂」と呼ばれ、肌のバリア機能やターンオーバー機能が低下するだけでなく毛穴の開き、炎症、キメの乱れを引き起こしてしまいます。たったそれだけ。と思われそうですが、朝は適度に洗顔をすることが美肌の一番の近道なのかもしれません。毎日続けることで肌に変化がみられるかもしれませんよ。

ひとつ注意したいことは、夜お風呂やシャワーで顔に直接シャワー圧をあてることはありませんか?シャワーの圧力は意外と強く肌へのダメージが心配です。また温度が高いこともありますのでできれば洗面器や蛇口から直接手ですくう形で洗顔をすることで念入りにかつきれいに洗えます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク