肌断食のすすめ

断食」とは、ある一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為のことです。日本でも「プチ断食」「ファスティング」などと言われ、若い女性の間で体をリセットするために行う人もいます。

体の断食は専門ではないのでわかりませんが、お肌にとって断食は大切です。肌断食とはつまり、お化粧をしない日を作ること。すなわち、「お肌をやすませる日を作る」ことです。

最近の日本人は女性の就業率も上がり、人前に出る際はお化粧をしている人も多いですね。外国ではそこまでありませんが、接客業などではお化粧をしていることがマナーともされます。しかし、お肌はそもそもすっぴんが一番。自ら潤う力を備えていますので、お肌を休めてあげることでその力を引き出し肌をリセットすることができるのです。結果、肌のキメが整い、土台が美しくなることで肌質も向上します。本来化粧品はお肌にとっては汚れ。足すことばかりを考えず、時には引いてあげることで自分の肌と向き合い、その状態をしっかりみつめることもできるのではないでしょうか。

また、お化粧をしないと外出できない・・・と思い込んでいるあなた。自分の肌に自信がもてれば、そんなに気後れすることもないはず。眉やリップなど、ポイントメイクだけでも全然お顔の雰囲気は変わってきます。気心の知れた仲間との食事やちょっとそこまでのお出かけであれば、充分ポイントメイクだけで大丈夫!人間も休みなしで働いていては疲れ果ててしまいます。しっかり休息をとり力を蓄えることで、リフレッシュして動き出せるというもの。

もちろん保湿はとっても大切。つい美容液やクリームなど機能性を追いがちですが、実際はお肌に一番大切なのは保湿。そこは手を抜かず、しっかりたっぷり保湿を心がけてみてください。潤いはキメを整えハリ、つや感を与えるだけでなく、シワやシミ予防、ターンオーバーを整えてくれます。うるおっているお肌は透明感もあります。実はインナードライ肌で、自分では乾燥に気づいていない人も多いのです。肌が乾燥を感じると、自ら守ろうと肌から皮脂が分泌されるため脂っぽく感じて保湿を怠る人もいますが、そんな時こそ保湿を。潤いが足りるとおのずとバランスの整った潤い肌へ近づくでしょう。

「肌断食」を意識して行うことで、生き生きとした若々しい肌が持続できるのであればぜひ今日からチャレンジしたいですね。ただし、紫外線を防ぐことだけはお忘れなく!

スポンサーリンク




スポンサーリンク