本気で毛穴改善を目指す人におすすめするクレンジング方法

毛穴のざらつき、開き、角栓、黒ずみ。毛穴の悩みはつきませんが、毎日鏡を見ているといつのまにかそれが当たり前。ファンデーションで隠してしまう、マスクが手放せない、、、などの根本解決をしないまま過ごしてしまっていないでしょうか?

何をしても変化はない。そう思っている人、現状のままだと将来肌の劣化は明らか、同年代の女性と気づけば大きな差がついているかもしれません!本気で毛穴改善はクレンジングから。「落とす」ことに着目して解決策を模索していきます。

Processed with VSCO with f2 preset

毛穴は常にすっきり引き締まった状態が理想

特に鼻やあごなど皮脂分泌量の多い部分を触った時、ザラザラする人は毛穴に角栓が詰まっている状態です。この角栓を押し出したりピーリングやシートパックで無理やり取ろうとするのはNG。毛穴周りの皮膚が傷ついて黒ずみやシミになったり、余計に皮脂分泌量が増えてしまうことも。ザラザラ角栓が気になる人は、クレンジング後に毛穴を開いてみてください。おすすめは「蒸しタオル」。お金もかからず毎日手軽にできる美容法です。蒸しタオルを顔に当てることで血流促進、むくみ防止、毛穴を開いてその後の洗顔で角栓内の汚れを落としやすくしてくれます。顔がすっきりするのがわかると思います。洗顔後は開いた毛穴を引き締めるために冷やした化粧水や収斂化粧水を使って。蒸しタオルの後は乾燥しやすいのでオイルやクリームでしっかり蓋をすることをお忘れなく。これを毎日繰り返すことで、明らかに毛穴が目立たなくなります。

クレンジングは短時間で済ませる

メイクを浮かせる、もしくはなじませて一緒に洗い流すクレンジング。メイク汚れは油分が多いので洗浄力も強ければ、長時間なじませることでメイク汚れを顔に刷り込んでいるような状態になりかねません。毛穴をしっかり洗おうとクレンジングをクルクル長時間刷り込むのはやめましょう。どうしても気になる箇所がある場合は、一度全体の汚れを落とした後再度少量クレンジングを取りきれいな状態でマッサージを。

マッサージ効果のあるクレンジングであってもお肌の上にのせる時間だけは注意してください。乾燥をまねき必要な潤いまで逃してしまう恐れがあります。

乾燥で毛穴は開く!

毛穴の目立ちと全く関係ないと思われる人も多いのですが、肌が乾燥すると毛穴は皮膚を守ろうと皮脂分泌量を増やし、結果皮脂の出口である毛穴を広げます。「私は脂っぽいから保湿はあまり必要ない」と思っている人も多いのですが、皮脂が出ること=潤っているのではありません。しっかり保湿をすることでオイリー肌から脱却する人もいます。しっかり保湿をすることで肌は潤いを感じ、結果として皮脂分泌量が減少し毛穴も引き締まります。

また乾燥毛穴は凸凹が目立ち、肌からツヤ感を奪いくすみを助長させます。毛穴を掃除しなきゃ!という意識とは別に、毛穴ケアのために保湿を頑張るというポイントも押さえてみてください。

いかがでしたか?慣れとは怖いもので、自分の肌にも慣れ、毎日のスキンケアにも慣れすぎていると大切なことを見落としてしまう可能性があります。ぜひ自分のお肌と向き合って観察してみてください。お肌は時間とともにしっかりと答えてくれます。

<黒ずみ毛穴で大人気!D.U.Oのクレンジングバームはこちら>

スポンサーリンク




スポンサーリンク