蒸しタオルで毛穴ケア!活用法とその効果

最近蒸しタオルを活用した美容法が話題となっています。毛穴ケアに、くすみ防止。保湿力アップなどなどすぐできて、お金もかからない。その効果や活用法を知ることで、普段の生活が格段に質のようものになれば嬉しいですよね。ぜひこれから寒くなる季節、参考にしてみてください。

蒸しタオルで毛穴ケアする方法 朝

まずタオルを準備しましょう。理想はロングフェイスタオルの大きさ。大きすぎると扱いずらいかと思いますが、おしぼり程度の大きさでは蒸気が逃げやすく、またある程度の安定感と重みが顔に乗せた時心地良いです。このタオルを水で十分濡らして軽く絞ったら、電子レンジで1分ほど温めれば完成。加熱しすぎず熱すぎないことが大切です。顔に乗せた時、「気持ち良い」と感じる温度が最適です。お湯で作る場合は45~50度のお湯にタオルを浸して作ってください。やけどにご注意を。

この蒸しタオルは朝・晩行うことが理想的。朝は蒸しタオルを30秒ほど顔にのせ、毛穴を開きます。血行促進、くすみやくまの解消ができ、目元を蒸気で温めると手足まで暖かくなるということもわかっています。蒸気でなければそうはならないのがポイント。蒸しタオル後には毛穴が開いているのでそのまま洗顔をしてもいいですし、軽くタオルで拭いてそのままスキンケアへ移行してもOK。

蒸しタオル後はすばやく引き締め、保湿を。蒸しタオル後はとても肌が乾燥しやすい状態にあります。化粧水やオイルで肌から水分が逃げるのを阻止すること。また、使用後の蒸しタオルで首筋や耳周辺の血流を流すようにマッサージするとよりリンパの流れもよくなり顔のむくみや血色がよくなるでしょう。

蒸しタオルで毛穴ケアする方法 夜

夜の蒸しタオルは、順番があれ?となる人もいるかと思います。基本はまずクレンジングでメイク汚れを落としてください。その後蒸しタオルへ。クレンジング→蒸しタオル→洗顔、もしくはクレンジング→蒸しタオルの順番です。

その後のお手入れは朝と変わりませんが、その後のスキンケアの浸透が格段によくなっていますので、すばやく保湿、冷却を行ってください。特に夜は日中の目の疲れやむくみがたまっているのではないでしょうか。血流をよくすることで老廃物が排出され、疲れ目やむくみ解消に繋がります。

お手軽なのに気持ちよくお金もかからず毎日手軽にできる蒸しタオル美容法。続けるほどに変化を感じられるのではないでしょうか。毛穴ケアは難しいと思っていたあなたにこそ試してほしい身近な美容法。ぜひ今日からトライしてみてくださいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク