オイルフリークレンジングの本当の意味とは?

オイルフリークレンジング、オイルカットのクレンジングを肌質や使用感、イメージから選ぶ人もいるかと思います。オイルが入っているのといないのでは何が違うの?オイルの意味は?知っているようで知らなかったオイルについて解説します。

オイルフリーの意味

お客様からよくある質問として、「このクレンジングはオイルが入っていますか?」「オイルカットですか?」。

その意図するところとしては、まずオイルが肌に合わない方。パッチテストなどでオイルで炎症やかぶれが出る人もいますので、そういう方にはとても重要な情報になります。

また脂性肌の方や乾燥肌の方もオイルには気を配っているように見受けられます。

脂性肌の方はさっぱり洗い上げるために、また乾燥肌の方は洗いすぎを防ぐためにオイルを気にするようです。

クレンジングにオイルが入っているのは、メイク全般が油性成分であり、それを浮かせるために必要だからです。オイルフリーのクレンジングは油分ではなく界面活性剤の力で落とす工程になります。

オイルフリークレンジングは水が主成分となり粘度は低く、使い心地はさっぱりした印象になります。肌への残留感も少なく、短時間で洗い流せるため肌への負担も少ないことから乾燥肌の方に好まれます。ともすればオイルで皮脂を取りすぎることで肌環境が悪くなることもありません。

オイルクレンジングは濃いメイクやアイメイク、マスカラなどをしっかり落としたい方に好まれます。メイクは肌にとって汚れですのでしっかり落としきったほうがいいのですが、時に肌に必要な皮脂や角質層まで取り除いてしまった場合、肌トラブルを起こしたり将来的にシワやシミへ繋がることも。また洗い上がりはしっかり流さないとぬるぬる感が残ってしまう場合も。その結果W洗顔をすることで肌の乾燥をまねいてしまうこともあります。

オイルあり、なし、どちらを選べばいい?

どちらにも長所、短所はあり日頃のメイクの濃さや肌質、使い勝手で選ぶことが大切ですが、最近ではオイルクレンジングのようにしっかりメイクは落としつつ、オイルフリークレンジングのように肌に優しいという機能性をあわせもったクレンジングバームも人気があります。オイルにも様々な種類があり、オリーブオイルなどの植物由来やスクワランもオイルですし、肌に優しいことでも選ばれています。

<クレンジングバームといえばDUO>

オイルフリークレンジング=いい商品というイメージではなく、あくまでオイルを入れないことで得られた使用感や優しさがオイルクレンジングとは違うんだな、というくらいの認識で選択していただければいいのではないでしょうか。逆に、角栓や毛穴の気になる頬や鼻の部分だけはオイルクレンジング、その他はオイルフリーで、など自分の肌と相談しながら使ってみてください。

スポンサーリンク