DUOの無添加とは?成分について検証

DUOの製品に限らず、化粧品の説明文によくみる「無添加」の文字。無添加とは文字通り、添加をしていないということですが、各社独自の基準で無添加を謳っています。

無添加と書いてあるだけで、何やら肌によさそうなイメージがついてしまっていますが、その定義について知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。そこで改めて、無添加とは何か?について考えたいと思います。

 無添加の定義とは

化粧品には以前、皮膚障害などを引き起こす可能性がある成分については表示しなければならないという義務がありました。今は全成分表示に変わっているのですが、以前表示義務のあった成分のことを「指定成分」と言っており、多くの化粧品では「指定成分無添加」と表示して販売していた経緯があります。

指定成分とされていた原料が危険だというわけでもなく、指定成分以外の原料が必ずしも安全というわけではありませんが、その流れからの「無添加」「添加物フリー」がいつしか商品を販売するうえで記載するべき暗黙のルールになったのかもしれません。

また、「オイルは肌にあわない」「防腐剤は入っていないほうがいい」と成分的にあわない人への明示も含め、商品購入の指標として掲げる意味もあります。

DUOのこだわりの無添加とは

それでは、DUOの無添加はどのようなものか見ていきたいと思います。

まず、上記で述べたような旧表示指定成分が無添加。これは概ねどの会社も一番多く掲げている無添加なのではないでしょうか。

その他、石油系油脂、石油系界面活性剤。石油系〇〇という原料は、石油というだけで毛嫌いされる傾向にありますし、イメージがよくありません。原料としては化粧品に使用しても問題ない安全性試験をクリアしているはずなのですが・・・。

アルコール。これはエタノールなども無添加表示されることがあります。揮発性のあるものやすっきり、爽快感を必要とする商品に入っていたりします。肌がアルコールにかぶれる、刺激を感じるという人には助かる表示です。

合成着色料、合成香料無添加。これは「合成」という言葉がイメージダウンなのでしょう。天然香料といえばイメージがよくなりますが、原料の世界では天然のほうが刺激が強かったり、合成のほうが品質がぶれず一定であるために安全というイメージがあるのは事実です。

要は、お客様が商品を使う時、ちょっとでもある不安を払拭してほしいという気配りからこの無添加表示はされています。無添加と言われるだけで安心・安全と思いませんか?

DUOは特に「自然×科学」の融合をコンセプトとしているブランド。自然である優しい原料を採用するという理念から、DUOすべてのラインナップにおいて何らかの「無添加」を押し出しています。

詳しくはHPでご覧いただければ各商品の無添加が記載されていますのでご確認ください。DUOならではのこだわりが垣間見れるかもしれません。

<D.U.O ザ クレンジングバーム公式サイト>

スポンサーリンク