海外のスキンケア事情

今回は日本を離れて海外のスキンケア事情について述べてみたいと思います。

知っているようで知らなかったそもそもどんなスキンケアを行っているの?の疑問に答えます。

海外事情の前に・・・

海外のスキンケア事情を知る前に、大前提として知っておかなければならないこと。それは、化粧品は日本製が良い、とか海外製が良い、ということはないということ。日本の化粧品は、基本的に日本に住む、日本人のために作られています。日本に住むということは、日本の水(軟水)を使って洗うということ。また肌の構造自体外国人と日本人では違います。四季のある日本と違い、湿度や気候も国によってそれぞれ。だから、大切なのはどこで作られたものかというよりは、自分の肌にあっているかどうかを見極めること。そして本当に今のスキンケア法、スキンケア用品があっているかを一度疑問に思い見直してみることが重要なのです。

海外と日本の違い

さて、外国と一言で言っても国によって様々なので一概には言えませんが、化粧水を使うことがあまり海外ではありません。日本では最低限化粧水からという概念ですので驚く人も多いですが、これは水が違うため顔を洗うと乾燥をまねくからという理由もあります。特にアメリカ、ヨーロッパは水が硬水ということもあり、洗顔料もミネラル分が多く泡立ちませんし顔を洗う習慣がないのです。

海外での化粧水の役割は、保湿ではなく拭き取り化粧水で汚れを取ること。その後はクリームをつけて終わり、という限りなくシンプルスキンケアなのです。ともすれば日本のスキンケアアイテムは化粧水の前の導入化粧水にはじまり、乳液、クリーム、美容液、パック・・・日本人のまめさと几帳面さが垣間見えるほどお手入れ品に事欠きません。

クレンジングで言えば、欧米ではミルククレンジングが主流。顔全体になじませた後は洗い流さず、トーニングローションと言われるスーッとするローションをコットンに含ませ拭き取るようです。

日本人はスキンケアを「与える」「補う」という概念でとらえていますが、外国では「余分なものを取る」ものだ、という考えではないでしょうか。

最近では海外でも日本の化粧品は手に入りますし、日本でも海外メーカーの化粧品は簡単に手に入ります。しかし、本当に海外に行ったり住んでみると思わぬスキンケア事情に遭遇してしまうことも。また海外旅行をした時に水が合わないために肌トラブルを起こしたりすることも経験があるのではないでしょうか。

今あなたがもっているスキンケアの常識は、日本における常識。自分の肌と向き合って、一番いい方法を探してみることも大切です。

スポンサーリンク