老化の悩みをどう考えるのか

2,30代の頃はほとんど感じなかった老化による悩みが、40代に入り急激に増えてきたということはありませんか?私も40代半ばなのでわかるのですが、本当に40歳前後からあらゆる悩みが増えてきました。

・体重が昔のように減らなくなった

・皮下脂肪がついてきた

・白髪染めが必要になった

・髪が細くなり、うねりが出はじめた

・疲れやすくなった

・しみやシワ、ほうれい線が目立ってきた

・まぶたのくぼみ、頬のたるみがでてきた

などなど、「あれ、歳なのかな」とため息をつくこともしばしば。これまで家事に子育て、仕事と忙しく動き回り自分のことは後回しで頑張ってきましたが、ふと自分の体の変化に意気消沈。もっと自分を労わってあげればよかったなぁという女性は私だけではないはず。

今からでもどうにかしないと!!と奮起はするものの、現状鏡を見て「もう手遅れかも・・・」と目を背けたくなり、若い頃とは違うからと気分が沈みがちになっていました。

私は化粧品会社に長年勤務しているため、肌に対する知識はある程度持ち合わせていますし、あらゆる宣伝広告にはだまされない目を持っているつもりです。食べ物や化粧品、スキンケア方法など自分で選択し成分チェックを行い、最新の情報を得ています。そんな私であってもやはり老化による自身の変化には目を背けることができません。

ちょっと前には雑誌やテレビで、「美魔女」と言われる女性達が注目されました。同じかそれ以上の年齢なのに20代、30代に見えるように輝いている女性達・・・そんな女性達に対して、羨望とともに「きっと特別な何かをやっているに違いない!」と自分と同じように老化現象が現れていないことに対して嫉妬とも敵意ともいえる感情をむき出しにした経験があるのではないでしょうか?そして、きっと私だって頑張ればあんな風になれるはず!と気持ちが救われるということもあるかもしれません。

この「私だって頑張れば」という前向きな気持ちはとても大切なことです。向上心、これがあるかないかで人は見た目から変わってきます。ある程度年齢を重ねていると新しいファッション、新しい色、新しい経験に戸惑いがあったり思い込みで変えられなかったりしますよね。でも実は自分にはもっと可能性がある、もっと似合うファッションや髪形がある、もっと素敵な体型になれるという理想を思い描くことができるだけで、もう1歩前進したようなものなのです。

また逆にこんな経験はありませんか?お友達から「ちょっと痩せた?」と言われたり、子供の友達から「〇〇さんのお母さん若いね」と言われたなど、他社から自分の容姿を褒められると、自分では何も変化がなくともそうなったような気がする、そしてそれがとても嬉しく感じるなど。他社から褒められるという経験は、歳を重ねるごとに減っていくような気がします。自分でもコンプレックスとなってきている時に褒められることで、「よし!もっとがんばろう」と奮起できたりするのです。他社からの承認によってより自分をブラッシュアップできる。そういう存在がいることが、若々しくいられる秘訣であるのかもしれません。

美魔女であろうと誰であろうと老化現象は訪れます。ただ、情報化社会の今あらゆる方法で自分を磨くことは可能です。お金をかければ・・・と思われるかもしれませんが、そういうものでもありません。体と心のバランス、運動、食事、睡眠など基本的な生活習慣も大きく影響しますし、何より自分を客観的に見つめることで見えてくることも多々あります。

歳だから・・・という思いと言葉は一度封印して、いつまでも自分らしくいられるように心と身体を整えてみてください。きっと生き生きとした自分でいることができるはずです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク