DUO(デュオ)とインフィオレ、クレンジングバームの比較

クレンジングバームはすべてが洗い流すものではなく、中には洗い流さないバームがあります。今回は洗い流さないタイプのインフィオレ(IN FIORE)「ブリヤンスクレンジングバーム」DUOの「ザクレンジングバーム」を比較し、何が違うのか、また購入する前にチェックしてもらいたいポイントなどを解説します。

日本に上陸して間もないインフィオレの情報は少ないので要チェックです!

インフィオレ ブリヤンスクレンジングバーム

固形のオイルベースが肌の上で蜜のようにとろりととけながらのびひろがり、メイクアップ料や汚れをしっかりととりのぞきます。いつまでもマッサージしていたくなるような、贅沢な手ごたえを感じさせるテクスチャー。ハリのある、つややかな肌へとみちびく、ふき取りタイプのクレンジングバームです。天然由来成分率99%

インフィオレのクレンジングバーム公式サイトはこちら

全成分:コメヌカ油・メドウフォーム油・ミツロウ・キャンデリラロウ・スクワラン・香料・パルミチン酸デキストリン・ゴマ油・サフラワー油・シア脂・チャ種子油・DPG・ヤシ油・水添レシチン

RMK モイストクレンジングバーム

独自技術により、1つで5役【クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメント】を叶えました。
固形のバームをお肌になじませると、とろとろのテクスチャーに変化。メイクに素早く馴染み、濃いメイクや毛穴の奥の汚れまで素早くしっかり落とします。
液だれせずお肌に密着するので、目元にも安心して使えます。W洗顔不要です。

インフィオレ vs DUO その違いとは?

価格

6000円(税抜) 3600円(税抜)
内容量 100g 90g
W洗顔 必要 不要
スパチュラ 付属 付属
香り 香料 ローズ精油
容器 ジャータイプ ジャータイプ
コスパ ×
使用量 さくらんぼ粒 専用スプーン山盛り1杯

DUOとインフィオレを比較した結果・・・

なんといってもこれまで比較してきたクレンジングバームが洗い流すタイプだったのに対して、インフィオレのブリヤンスクレンジングバームは拭き取りタイプ。ティッシュで押さえるようにして浮いたメイク汚れを取り除きます。これを数回繰り返してクレンジング終了。バームの前にポイントメイクなどはリムーバー等で落としておくそうです。

やはり慣れない使用感、洗い流さないことに対する抵抗感がある女性も多く、またどこまで拭き取ればいいのか、べたつき感が気になる、その後のスキンケアが入っていかないなど、使い方にとまどいの声が多いようです。

天然由来成分99%で極シンプルな処方でお肌には優しい印象、洗い流さないので潤いも奪われない点ではいい商品です。

またDUOに比べるとやはり価格が気になります。インフィレオの香りは「和」なイメージという声もありました。

DUO vs インフィオレ どちらに軍配が?

使ってみないと何とも言えず、好き嫌いもあるのでしょうが、インフィオレはメイクを洗い流さないことへの抵抗感がある人にはおすすめできません。またそれなりに拭き取りは時間がかかりますので、お手入れを面倒と感じる人にはDUOのほうがいいでしょう。

エイジングケアをコンセプトにしているのはどちらも同じなので、あとはコスパと手間をどう捉えるのか?ということかと思います。拭き取りに不安のある人はサンプルなどで試してみてください。

DUOは定期購入の初回購入が半額の1800円ですのでさらにコスパはよくなります。

<D.U.O ザクレンジングバームの詳細はこちら>

スポンサーリンク




スポンサーリンク