DUO(デュオ)とルルルン、クレンジングバームの比較

ルルルンのクレンジングバームをご存知ですか?ルルルンなんて、すごいブランド名ですね!あのアットコスメのクチコミランキングで1位を獲得しているので一度は目にしたことがあるのでは?コスパ良しのフェイスマスクで有名になったルルルンですが、クレンジングバーム市場に満を持して登場です。

その特徴は?DUO(デュオ)のクレンジングバームとの違いは何?

ルルルン クレンジングバーム

お肌の健やかさを保つ先端の皮膚研究に基づいた美容成分を厳選。さらに、毛穴ケアに着目した植物由来成分も贅沢に配合。つるんとなめらかなお肌に洗い上げます。

ロイヤルエピジェン、レグセンス、ミニポリルなどのめずらしい成分も配合されています。メイクオフ成分を植物ワックスで包んだカードハウス製法を採用。メイクオフ成分がお肌に直接触れないから、お肌にのせた時はやさしくするする伸びて、すすいだ後もしっとりとしたうるおいが残ります。

全成分

パルミチン酸エチルヘキシル、ポリ工チレン、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、ダイマージリノール酸水添ヒマシ油、(C12-14)パレス-9、水添ポリデセン、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、マイクロクリスタリンワックス、フェノキシエタノール、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)、香料、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/べヘニル)、酢酸トコフェロール、イソペンチルジオール、水、グリセリン、プロパンジオール、シア脂、アカツメクサ花工キス、トコフェロール、アスパラガス茎工キス、水添レシチン、フェネチルアルコール、安息香酸Na、ソルビン酸K、グルコノラクトン、グルコン酸Ca、エチルヘキシルグリセリン、マルトデキストリン、加水分解ローヤルゼリータンパク

DUO ザクレンジングバーム

独自技術により、1つで5役【クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメント】を叶えました。
固形のバームをお肌になじませると、とろとろのテクスチャーに変化。メイクに素早く馴染み、濃いメイクや毛穴の奥の汚れまで素早くしっかり落とします。
液だれせずお肌に密着するので、目元にも安心して使えます。W洗顔不要です。

DUO vs ルルルン その違いは?

価格

2000円(税抜) 3600円(税抜)
内容量 90g 90g
W洗顔 不要 不要
スパチュラ 専用スプーン 付属
香り 香料 ローズ精油
容器 ジャータイプ ジャータイプ
コスパ
使用量 専用スプーン山盛り1杯 専用スプーン山盛り1杯

DUOとルルルンを比較した結果・・・

ルルルンの香料が少し強めだという意見がみられました。また洗い上がりの油膜感が苦手という声も。またこれは盲点でしたが、なかなか取り扱い店舗がないという意見も。ルルルンといえばシートマスク!というほど有名なので取り扱いも多いですが、まだクレンジングバームは置いていない店舗も。その点でいえばDUOは通販以外にも店舗での取り扱いが多く手に入りやすいかもしれません。

洗い上がりは「乾燥が気になる」という声はルルルン、DUOとも少なかったです。やはりバーム特有の保湿感、しっとり感はあるよう。

DUO vs  ルルルン  どちらに軍配が・・・

コスパでいえばルルルンがお得!のようですが、DUOも定期購入初回は1800円ですので、お試しであればそこまでコスパの差はありません。また個人的には香料が強いのはNG。好き嫌いがあるのもそうですが、毎日使うものですのでできる限りナチュラルに香る方が癒されるかなぁという印象です。

またルルルンは洗い上がりの油膜感が嫌という声もあり、そうなるとW洗顔が必要になってくるかなと思います。毎日使うのはちょっと・・・ということにもなりかねませんので使用感はとても大切ですね。ということで今回は安定のDUO(デュオ)の勝利ということでしょうか。

ルルルン公式サイトはこちら

DUOは定期購入の初回購入が半額の1800円ですのでさらにコスパはよくなります。まだ試していないという方はぜひお試しを。

<D.U.O ザクレンジングバームの詳細はこちら>

スポンサーリンク




スポンサーリンク