DUO(デュオ)とTHREE、クレンジングバームの比較

オイルクレンジングよりも肌に優しく、しっかりメイクが落とせると人気のクレンジングバーム。今回はDUO「ザクレンジングバーム」と、自然やテクノロジーをコンセプトにこだわりのある「THREE エミングクレンジングバーム」を比較してその違いや特徴、どちらに軍配があがるのか検証していきます。

THREE エミング クレンジングバーム

「積み重ねた不要なものを取り去り、やわらかくクリアに。」

心までとろけるようなバーム状のクレンジングオイル。
植物油、植物ワックス、植物ロウのブレンドの妙から生まれるバームは、肌をほぐしながらメイクや古い角質、毛穴の汚れもしっかり落として、やわらかく透明感のある肌へ。水でさっと乳化します。天然由来成分92%。

THREEのクレンジングバーム公式サイトはこちら

また、クレンジングバームの世界2でもご紹介していますのでよろしければご覧ください。

全成分:トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、スクワラン、ホホバ種子油、コメヌカロウ、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、ミツロウ、カルナウバロウ、セスキカプリル酸ポリグリセリル-2、シア脂、オリーブ果実油、クダモノトケイソウ種子油、サイペラスエスクレンタス根油、マンゴー種子脂、チャ種子油、ザクロ種子油、ケーパー果実エキス、オレンジ果皮油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ローズマリー葉油、ウイキョウ果実油、ダマスクバラ花油、ヒメコウジ葉油、ミリスチン酸オクチルドデシル、パルミチン酸デキストリン、トコフェロール

DUO ザクレンジングバーム

独自技術により、1つで5役【クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメント】を叶えました。
固形のバームをお肌になじませると、とろとろのテクスチャーに変化。メイクに素早く馴染み、濃いメイクや毛穴の奥の汚れまで素早くしっかり落とします。
液だれせずお肌に密着するので、目元にも安心して使えます。W洗顔不要です。

DUO vs THREE その違いとは?

価格

6000円(税抜) 3600円(税抜)
内容量 85g 90g
W洗顔 不要 不要
スパチュラ 付属 付属
香り 精油 ローズ精油
容器 ジャータイプ ジャータイプ
コスパ ×
使用量 マスカット粒大 専用スプーン山盛り1杯

DUOとTHREEを比較した結果・・・ 

THREEは自主基準でホリスティックケア商品の開発に取り組んでいる会社。心地よい使用感や効果実感を持ちながらも、天然由来成分85%以上を達成し、オーガニック認定を受けた、または基準にのっとった植物原料を配合しています。そのため、価格はお高め

また全成分をみたところ、スクワランやホホバ油、ミツロウなどオイルもたっぷり含まれています。DUOのクレンジングバームは圧力をかけることでとろけるテクスチャー、THREEは体温でとろける感じです。

DUO vs THREE どちらに軍配が?

コスパではDUOが毎日使いにはいいようです。クレンジングをけちっては肌にもよくないうえストレスさえ溜まります。気兼ねなく使えるという点ではDUOに軍配があがります。

またTHREEですが注意が必要なのは、妊娠中使えません!と記載があります。またクチコミでもちらほら見かけるのが、油脂のかたまりが粒状になったものが入っているため、しっかり手で温めてから使わないとスクラブのように肌を刺激するということ。特に冬時期などは粒がネックになるかもしれませんね。

毛穴ケアやくすみにはどちらの商品も効果がありそう。乾燥肌でも使えるのがクレンジングバームの最大の利点です。

DUOは定期購入の初回購入が半額の1800円ですのでさらにコスパはよくなります。

<D.U.O ザクレンジングバームの詳細はこちら>

スポンサーリンク




スポンサーリンク