真剣に肌の乾燥対策をしたい人は必見!

肌の乾燥、気になっている人は多いので?乾燥に慣れてしまっては大変!何をしても乾燥肌がよくならない、かゆい、粉をふく、メイクののりが悪い・・・乾燥肌はいいことは全くありません!こうなったら生活習慣全般から見直して、少しでも潤いのあるお肌を目指しましょう!

スキンケアの最後は・・・

毎日のスキンケアが重要なことはおわかりですね。1日の終わりに化粧水、美容液、乳液などを塗った後、最後に水分を閉じ込めるためにぜひクリームを使ってください。クリームはものによってはべたついたり、重かったりして抵抗のある女性も多いかもしれません。しかし、せっかくの化粧水や美容液で補った水分を閉じ込めるためにも蓋の役割をするクリームが一番おすすめです。オイルでもいいですね。最近ではべたつかないテクスチャーのクリームや高機能なものまで様々販売されていますのでぜひチェックしてみてください。

夜だけでなく、乾燥が気になる時は朝のメイク前にクリームを使っても大丈夫!その後の化粧の崩れが気になる時は薄く馴染ませたり、乾燥が気になる口元や目元だけ塗るなど工夫してみてくださいね。クリームは夜だけ!と決めつけないで。

内側からの水分補給

あなたの体はあなたの食べたものから作られています。そのことを忘れなければ普段の食生活も見直しが必要かも?!

カフェインの含まれたお茶やコーヒーを水分補給と思っているかもしれませんが、実はそれらに含まれているカフェインは利尿作用があり体外へ水分を排出する働きがあります。そのため、あまり過剰にカフェインを摂取することは控え、もしコーヒーを1杯飲んだのであれば、その後にお水を1杯飲むなどの工夫が必要です。

また皮膚はたんぱく質ですので、肉や魚、大豆などの摂取を意識することも大切。緑黄色野菜のβカロチンは皮膚の粘膜の免疫力UPやバリア機能をサポートしてくれます。まずはバランスのよい食生活を送っていたかな?と思い返してみてください。意識するだけで肌の保湿能もUPするかもしれません。

入浴は適度に!

入浴は美しくなるためにも大切なこと。ただし入り方を間違えると逆に乾燥を助長してしまうので注意が必要です。

お風呂の温度は40度を超えないようにしましょう。肌に必要な成分が流れだしてしまいます。また長風呂も厳禁!15分を目安にしないと肌が逆に乾燥します。またボディタオルなどで擦り過ぎるのもいけません。不要な角質や汚れは自然に剥がれ落ちますし、よほど汚れが蓄積していなければ毎日入浴しているのでごしごし洗う必要はありません。泡で洗うことを意識して、肌に優しい洗浄剤を使用してください。また乾燥が気になる人は体を拭く前に顔や体にボディクリームや保湿を行うことも効果的です。肌が一番吸収しやすいお風呂上りにすばやく保湿することで潤いが持続します。

化粧品のおすすめ

まずは生活全般を見直して、なおかつスキンケアにも気を配りたいところ。乾燥の悩みがなかなかよくならない人は肌の内側から乾いているインナードライ肌かも。

おすすめは「オラクル」の姉妹ブランドである「アルケミー」。お肌の乾き、不調に対して自社独自の酵母発酵エキス「ベガル®」を開発。この浸透力の高いエキスが肌に水分を溜め込む作用をもっています。

「乾燥」「毛穴のひらき」「キメの乱れ」「ニキビ・吹き出物」などの肌トラブルに共通する原因、それが慢性的な水分不足であるというのがアルケミー理論。もちろん表面的な乾燥ではなく肌内部からの潤い不足のことです。一度スキンケアを変えてみることもおすすめです。

アルケミーの詳細はこちら

いかがでしたか?乾燥は生活全般のこまかい気配りも必要なのですね。ぜひ乾燥しない生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク